考えているのですが、これはせっかくならネタ出しからブログで始めるべきかしら、と。
一つの物語が出来る過程(ただし鈴藤のやり方で)を、こう、レポート的に、、、。

とすれば、どのようなお話にしよう。
今後は専用タグ「連載小咄」で続けていきますので、ぜひぜひチェックを!してみてください!

鈴藤サキ